やってみるだけ損じゃないかも!!嫁姑問題

 今は独身の私なので嫁姑問題は全く無関係な私ですが・・・私も過去に結婚暦がございまして、当時のご主人のご両親と同居していた経験がございます。数年一緒に暮らし結局家を出てアパ-ト暮らしをしましたが・・・それがよかったのか悪かったのか??更に数年後離婚しました(笑)))嫁姑問題が原因ではございません!!

 

 あれからだいぶ時は流れましたが、元旦那とは全く連絡をとっておりませんが、何故か・・・元旦那のご兄弟の方と元お姑さんとは今でも仲良くしています。元お姑さんには娘のようにいまだにかわいがってもらってありがたいです。

 

 そんなお姑さんなら当然誰がお嫁に来ても仲良くできるからいいかと思いましたが・・・そんなに世の中甘くない!!お姑さんは現在、嫁姑問題を深刻に悩んでましたので、同じ悩みを抱えている人も多いのでは??と思って今回ブログにしたためます☆

 そのご家庭は男の子3人兄弟で娘さんはいません。お姑さんは娘がほしかったのがすべて男だったのでそれぞれ結婚して娘が出来たことがうれしくてしょうがなかったのです。世話好きでハキハキした母です。

 今回私の過去の経験から嫁姑問題にアドバイスできることをいくつかご紹介していきたいと思います。

 

 ①2人だけの時間を設ける

 一緒に買い物いったり、ドライブしたり、散歩したりなんでもいいです。恐らく買い物を一緒にした方が楽ですね。これはお嫁さんから誘ってあげてください。お母さんも当然遠慮してますので誘いにくいと思います。断られてもいいんです。誘うことが重要なんです。行き難い場合はご主人を踏まえて出かけてもいいかと思います。ご両親の事を知る機会を多く作ることで相手の事を良く学べます。

 ②共通の趣味を楽しむ

 子育ても終わってるので趣味を持っている人も多いです。ご両親の趣味を知ったらそれを一緒に楽しむようにするのもありです。

 ちなみに、私は、母がパチンコが大好きだったので、私はパチンコ行った事がなかったのですが、母に教わって一緒に行きました!!私はパチンコにはハマらなかったのでたまにお付き合いする程度でしたが♪

 ③一緒に食事をする時間を定期的につくる

 一緒に暮らしてない方は多いのでそんなときには1ヶ月に1回とか2週間に1回とか定期的に一緒に食事する時間を設けるのがいいですね。ご両親も子供が里帰りすると喜んで料理するときも気合が入ります!!家に伺って一緒にお食事することもありです!その際は早めに行ってご飯作るのを一緒にするのもいいですね~。私は手伝うと言うと全力で断られてましたが(笑)))言うのと言わないのでは相手の気持ちも変わりますね~♪悪い気はしません!!

 

------------------------------------

 お姑さんは冷静に考えるとアナタの愛する素敵な夫を育ててくれた立派な方なんですよ~ 

 女同士だからこそ相手にとってなにげない一言が裏があるように感じて変な壁を作ってしまうのではないでしょうか?壁ができたら時間をかければかけるほど壁は厚くなってきて最終的に取り壊せないレベルになります。それは、ご夫婦も恋人も友情も一緒です。夫と結婚する前には当然、相手を知るために一緒にいる機会を増やして交際して、より深くお互いを知って結婚!しますよね~。相手を良く理解できれば悩むことは無くなります。初めから壁をどちらかが作っていれば少しづつ壊すために近づいていく事が大事なんではないでしょうか?

 相手を嫌になってストレス抱えるより、面倒かもしれませんが、少しでも歩みよっていく事が自分(お嫁さんやお姑さん)にとって後に絶対楽になりますよ~。結局結婚って夫婦間でいろんな問題が出てくるんですから・・・事前に省けるところは省きたいですよね~♪♪

 

※これはあくまでも私の経験談にて1つの参考資料として見てもらえればと思います。ただ、しつこくするのは逆効果!お互い大人なので相手の出方を見ながら心を開いていってくださいね~。この技って仕事でも人間関係でも役に立つので損じゃないですよ♪