衝撃の実話!映画「それでも夜はあける」

 正直映画見終わった後・・・ショックで頭が真っ白になった。これが過去にあった話となるとなお更ww

 奴隷制度のお話です。奴隷なんて一種の差別のようなもの!黒人は奴隷として購入者の所有物となり、人権も自由もない生活を強いらげ生涯を閉じた人も多数いたのではないでしょうか?今回のこの映画は、裕福な自由黒人の主人公がビジネスの話をするために食事をしたことが発端でだまされ、そのまま12年間奴隷として辛い毎日を過ごし、その後開放され、奴隷制度廃止運動に積極的に行い、自身でも経験を元に書いた回想記が世界的に有名になりました。

 

f:id:qwert2828:20171220163522j:plain

今回は、この回想記を元にした映画のお話です。

<あらすじ>

奴隷制度が広がっていた1841年、アメリカ。ニューヨークで家族とともに暮らす自由黒人で音楽家のソロモンは、突如誘拐され、奴隷としてアメリカ南部のニューオーリンズへ売り飛ばされた。農園での労働を強いられ、狂信的な選民主義者エップスら白人たちからはむごい差別と虐待を受けながらも、ソロモンは決して人としての尊厳を失うまいと心に決める。いつかまた家族と再会できる日が来ることを信じ続けて耐え忍ぶソロモン。そして12年もの歳月が流れたある日、奴隷制度撤廃を唱えるカナダ人労働者バスと出会い、これを機に彼の運命は大きく変わっていく。

-------------------------------------------------------------------------

何故黒人だけがこんな人として扱ってもらえないのか??改めて映画で見ると本当に体が震えるほど怒りがこみ上げてきます!なんでも理想どおりにいかないとムチで撃たれる毎日は本当に辛いでしょう。当然人間ですから逃げたくもなるし感情を抑えられなくなることも多い、その都度酷い仕打ちをうけて生涯を閉じた人もいたと考えると苦しくなります。現世でも奴隷制度は全くなくなってはいません。未だ人身売買を行っている国もあるようです。売られる人も買う人も皆同じ人間あることには変わりはありません。同じように心があり、言葉が使えコミュニケ-ションがとれるのです。人が人であるための住みよい世界が全国共通の信念であってほしいと映画をみて痛感しました~。生まれてから幸せと思えない人生なんて居る意味を全く感じないですからね~

※ちなみに、さりげなくブラッド・ピットが出ています~!

 

この気持ち共感してもらえれば幸いです♪そんな「それでも夜はあける」は期間限定にてこちらで配信中~

 

※本作品の配信情報は2017年12月20日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。
※ドコモユ-ザ-以外でも契約が可能なんです☆
月額540円で12万作の映画やドラマが見放題ってすごくうれしいですよね♪