コンピュ-タ-のさきがけ??映画「イミテ-ションゲ-ム・エニグマと天才数学者」

天才って・・・不器用な方が多いですね~。1つの事に特化してしまい他が見えない!!今回の方もそんな感じです。



<あらすじ>
 1939年、英国がヒトラー率いるドイツに宣戦布告し、第二次世界大戦が始まる。ケンブリッジ大学特別研究員で、27歳の天才数学者アラン・チューリングは、英国政府ために独軍の誇る難攻不落の暗号エニグマ解読に挑むことになる。英国海軍のデニストン中佐は6人の精鋭を解読チームとしてブレッチリー・パークに集めるが、チューリングは一人で仕事をしたいと訴える。MI6のスチュアート・ミンギスはチーム一丸となることを求めるが、チューリングにとって暗号解読は自分の能力を試すゲームに過ぎなかった。リーダーのヒュー・アレグザンダーのもと奇襲作戦やUボート情報の暗号文を分析するチームを尻目に、チューリングは一人でマシンを作り始める。製作費を却下されると、チャーチル首相に手紙で直訴し、首相から責任者に任命される。そして、二人の同僚を「無能だ」とクビにしてしまう。子供の頃から孤立し、唯一の親友とも悲しい別れをしたチューリングには、他人との交流など不要だった。1940年、解読は一向に進まず、メンバーの苛立ちはチューリングに向けられる。そんな中、目的を伏せた試験でチューリングより早くクロスワードパズルを解いてチームに加わったジョーン・クラークが、チューリングの心を少しずつ開いていく。マシンに見切りをつけた中佐にクビを宣告されたときも、仲間が助けてくれた。中佐から1カ月の猶予を引き出したチームは、遂にエニグマを解読する。しかし、解読したことが敵にばれれば、エニグマの構造を変えられてしまう。ヒトラーから世界を救うため、チューリングとMI6は新たな極秘作戦を計画する。それはチューリングの人生、仲間との絆をも危険に晒し、さらにソ連スパイ疑惑まで向けられる。そしてチューリングの大きな秘密が重なり、彼の人生は思わぬ方向へ進んでいくのであった。


--------------------------------------------------------------------
 幼少期よりいじめにあっていたアランは幼少期より孤独な生活を送っていたために人との接し方がまるでわからない人でした。冗談も冗談なのか?本当なのか?いちいち説明しないといけないような中々めんどくさい方でしたね~

 しかし、やはり彼はタイトルにもあるように天才!!
 今我々が使っているコンピュ-タ-の生みの親と言っても過言ではない、マシンを完成させたのですから・・
当時、彼は「クリストファ-」と命名しておりましたが・・残念ながら現世ではクリストファ-ではなかったようですねww
 そんなクリストファ-誕生秘話と終戦後アランはどうなったのか?そしてアランの秘密とはなんなのか?すべてこのお話の中に入っています。

 そんな「イミテ-ションゲ-ム・エニグマと天才数学者」は期間限定にてこちらで配信中☆

 

※本作品の配信情報は2018年1月9日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

※ドコモユ-ザ-以外でも契約が可能なんです☆ 月額540円で12万作の映画やドラマが見放題ってすごくうれしいですよね♪