性犯罪被害者と検事の戦い!!映画「告発の行方」

先日、衝撃的なものをネットで拝見しました。

性犯罪が多い国ランキング

1位 南アフリカ

人口あたり9人に1人が性犯罪を受けているという報告があるらしい

報告人数では世界1位らしい

2位 スウェ-デン

こちらは人口あたり4人に1人が被害者となっている

3位 アメリカ

こちらも人口あたり3人に1人が被害者

4位 イングランド

毎年約8万5千人の被害者が出る

5位 インド

ニュ-スでもよく見かけるので納得できる。もっと上かと思ったくらい

 

この性犯罪は女性だけが被害者ではない!少年被害もこちらに含まれているとの事。

インドや南アフリカなどは少女以上ではなく女性なら生後間もない赤ちゃんまで被害にあうこともある。このようなニュ-スを拝見するたびに怒りで体が震えてしまう。

 欲求が抑えきれない事で被害者を生み、人生を棒に振るくらいなら、一呼吸置いてお金払って専門のお店にいかれた方がいいのにねww犯罪を犯すくらいだからそこまでの判断力は欠如してしまっているのでしょうか??

 

今回お話する映画は、性犯罪の被害者が犯人と真っ向から法廷で戦う話である。

f:id:qwert2828:20180117174604j:plain

<あらすじ>

酒場から飛び出してきた若い男。彼の後を追うように半裸の女性が通りで必死に車を止めてそれに乗り込む。被害者の名はサラ・トバイアス。酔ってマリワナも吸っていた彼女を3人の男達が犯したのだという。サラから事情を聞いた地方検事補キャサリン・マーフィは、彼女とダンカン保安官を伴って酒場に行き犯人達を確認する。やがて事件の捜査は進み、犯人側の弁護人が真っ向から戦いを挑む姿勢を見せる

 

--------------------------------------------------------------------------------------

後半、正直女性も女性だわなwwって思った事は事実です!!

ただ、内容はどうであれやったことはいけない!!しかも加害者の方はやり手の弁護士を雇い取引までしてこようとしてくるからww思うように進まない!加害者は自分が悪いことをしたなんて微塵も思っていない!ましてや捕まって刑が延びるのが困る!としか思っていない。こういう人間がまた同じ犯罪を繰り返すんだな~とつくづく感じてしまった。レイプをみてチャかしていた外野の男性たちも後に捕まり戦いは法廷へと持ち込まれます!陪審員たちはこれをどう思うか!前代未聞の外野裁判の判決で事件は一気に覆すのです!

 「告発の行方」はこちらで期間限定にて配信中

 

※本作品の配信情報は2018年1月17日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

※ドコモユ-ザ-以外でも契約が可能なんです☆ 月額540円で12万作の映画やドラマが見放題ってすごくうれしいですよね♪