運命の分かれ道!映画「運命のボタン」

「そのボタンを押したら!人の命と引き換えに大金が手に入る」といわれたらどうしますか?

理性か欲望か?人間の弱いところをうまくつかった映画ですね~!!

f:id:qwert2828:20180128143657p:plain

<あらすじ>

1976年12月16日、朝5時45分。ヴァージニア州郊外に暮らすルイス夫妻宅で玄関のベルが鳴る。妻のノーマが出ていくと、そこに人の姿はなく、真四角な箱だけが置かれていた。ノーマが朝食の支度を整えていると、その横で夫のアーサーが箱を開けてしまう。中に入っていたのは、赤いボタンの付いた奇妙な木製の装置と一通の封筒、そこには「5時にスチュワードが来ます」とだけ書いてあった。午後5時、再びルイス家の玄関のベルが鳴る。ドアを開けると、そこに立っていたのは長身の男性。アーリントン・スチュワードと名乗るその男は、驚くべき提案を持ちかける。“ボタンを押せば2つのことが起きます。その1、どこかであなたの知らない誰かが死にます。その2、あなたは現金100万ドルを手にします。しかし、それには条件が3つ。その1、私の雇い主のことについて一切情報を提供しない。その2、ご主人以外の誰にもこのことを話してはいけない。その3、期限は24時間。明日5時に再度伺い、ボタン装置を回収する。装置はリセットされ、このチャンスを別の人間に提供する。”大金を手にするチャンスとはいえ、人の命を引き換えにしなければならない。2人は迷うが、生活が苦しいこともあり、目の前に100万ドルを見せられて、結局ボタンを押してしまう。だが、それは創造をはるかに超える事態の始まりに過ぎなかった。

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:**

 これは人間の弱さ、地球人の存在する意味をテストするために宇宙人が仕掛けた罠だった。それとは知らずにお金は手に入るなら・・・と言ってボタンを押したのはいいが、結局罪の意識に勝てない!確かにお金はもらったが、精神的に参り結局幸せな生活はおくれていない。やはり心あるものは弱いものだwwと痛感した話でしたね~。

 

 心があるから日々の生活に潤いがでて喜怒哀楽が感じられるんですがねwwうまく悪用されましたねww

 心理劇!結構面白いですよ♪「運命のボタン」はこちらで期間限定に配信中☆

こちらをクリック♪→dTV

 ※本作品の配信情報は2018年1月28日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

※ドコモユ-ザ-以外でも契約が可能なんです☆ 月額540円で12万作の映画やドラマが見放題ってすごくうれしいですよね♪