一度は見てほしい!!多くを教わる映画「ヘルプ 心がつなぐスト-リ-」

 人種差別の映画は様々見てきたつもりでした。どれもこれも心が痛くなる辛いものばかり・・・今回拝見した映画も同様に辛い気持ちになった。

 差別は世界共通の課題です。私の住む長野県でもまだまだ地域差別の意識が消えない年配層もいます。「○○地域の出身の人間からは物を買いたくない!!」とわざわざお店まで来ていちいち出身地を確認する老人の話を聞いたときには唖然としました。更には他の地域からお嫁に来た子の事を「よそ者」という言い方をする年配層も同様です。これも一種の差別に過ぎないのです。

 今回このお話に出会いひとりひとりの正義感が平等の世界を作っていくのだ!と実感したしだいです。

f:id:qwert2828:20180208225335j:plain

<あらすじ>

1960年代前半のアメリカ南部。大学を卒業し、ミシシッピ州ジャクソンの町に戻ってきたスキーターは、地元の新聞社に就職。家事に関するコラムの代筆を任され、取材を始めたものの、次第に南部の上流社会に対して疑問を抱き始める。やがて、黒人メイドたちを取り巻く差別的な状況に心を痛め、その現実を伝える本の執筆を計画。ニューヨークの出版社からも許可が下り、取材を始めるが、身に危険が及ぶと考えた黒人メイドたちから証言を拒否されてしまう。スキーターがあきらめかけてたその時とある事件が発端でひとりのメイドがスキーターと接点を持ち取材を受け始める。

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:

追記です!

ニューヨークではキング牧師が「公民権運動」の真っ只中!それによりニューヨークでは黒人への意識改革が進んでいました。しかし、スキ-タ-の故郷は南部の田舎町!ここは時代遅れで未だに黒人への差別が後を絶たなかったのです。メイドとして雇うだけではなく「トイレは別にしないと病気がうつる」というなんの根拠もない理由で外に専用トイレを置かれ豪雨が降っても家の中ではトイレもさせてもらえません。ひとりのリ-ダ-的存在の人がその発言をすることで周りの弱い人間はそれに従う。その標的がまさに「黒人メイド」だったんです。それでも生きていく為に自分を殺し何を言われてもグッと堪えて頑張る姿は号泣もの!

 

この映画多くの俳優さんが賞をもらってますよね~。納得!!ティッシュ離せないほど泣きましたから~。

 

映画を通じて教わること!気づかされることって多いですね~この映画からもたくさんの事を教わりました。是非!一度は見てほしい♪

ヘルプ 心がつなぐスト-リ-」はこちらで期間限定にて配信中☆

 

※本作品の配信情報は2018年2月9日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

※ドコモユ-ザ-以外でも契約が可能なんです☆ 月額540円で12万作の映画やドラマが見放題ってすごくうれしいですよね♪