地球滅亡説に基づく映画「2012」

 そういえば、そういう都市伝説ありましたね~!!現在2018年すっかり6年もたつとそんな話題も忘れてしまっている今日この頃ww今度の都市伝説は何年でしょうね~

f:id:qwert2828:20180324103854j:plain

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:

あらゆる天災が地球を襲い、逃げまどいながらも必死に家族を守ろうとする男の姿を描く

*上映時間::::158分
*日本公開日 ・・・ 2009年11月20日
*監督    ・・・ ローランド・エメリッヒ

キャスト

・ジャクソン・カーティス ・・・ ジョン・キューザック

売れない作家だが、リムジンの運転手でもある。別れた妻との間に子供が2人いる。

・ケイト・カーティス ・・・アマンダ・ピート

ジャクソンの妻。子供2人と恋人と一緒に暮らしている

・ノア・カーティス  ・・・ リアム・ジェームズ

ジャクソンの息子。ジャクソンの事を父ではなく名前で呼ぶ。

 ・リリー・カーティス ・・・ モーガン・リリー

ジャクソンの娘。

・ゴードン・シルバーマン ・・・ トム・マッカーシー

ケイトの現在の恋人で人気美容外科医。皮肉屋だが根は温和で誠実な人物。子供たちからも信頼されていて、特にノアは実の父のように接している。

・トーマス・ウィルソン大統領 ・・・ ダニー・グローヴァー

アメリカ大統領。

・ローラ・ウィルソン ・・・ タンディ・ニュートン

ル-ブル美術館に勤務する、大統領の娘。

・エイドリアン・ヘルムズリー博士 ・・・ キウェテル・イジョフォー

大統領の科学顧問。政府にいち早く滅亡の危機を伝える。

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:

こちらで期間限定配信中☆

※本作品の配信情報は2018年3月24日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

※ドコモユ-ザ-以外でも契約が可能なんです☆ 月額540円で12万作の映画やドラマが見放題ってすごくうれしいですよね♪ *:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:

<あらすじ>

 2012年。イエローストーン国立公園に子供たちとキャンプに訪れたジャクソン・カーティスは、謎の男チャーリーから“地球の滅亡”が近いことを知らされる。しかもその事実を世間に隠している各国政府は密かに巨大船を製造し、限られた人間だけを脱出させる準備に着手しているという。そんな中、ロサンゼルスで史上最大規模の地震が発生、さらに各地で大地震や大津波、大洪水、大噴火が起こり、その被害はアメリカ全土へと拡大していく。ジャクソンは別れた妻・ケイトと二人の子供を守るため、家族と共に巨大船がある地を目指す。だが、彼ら一家を追うように、未曾有の大天災が次々と襲いかかってくるのだった。アメリカ、日本、イタリア、フランス、ブラジル、チベット、インドなど、大災害は世界規模で降りかかる。その頃、ウィルソン大統領は、アメリカ国民と最後の運命を共にしていた。そして、娘のローラと大統領科学顧問のエイドリアンに最後の別れを告げる。一方、ジャクソン一家も巨大船へと近づくが、そこには何億人もの人々が押し寄せていた。しかも、大津波が間近まで迫ってきているという。タイムリミットは15分。家族の危機に直面するジャクソン一家。そして、何とか人々を救出しようと最善を尽くすエイドリアンとローラ。人間は、愛する者のために最後に何ができるのだろうか。

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:

はじめはハラハラドキドキしながら楽しめました♪はじめはね!!

映画に入り込んでしまったからでしょうか?後半は怒りしかなかったかもww

 物語のきっかけは昨年にも話題になりました「太陽フレア」これにより各地で大規模な地震津波などの天災がおきる。この情報をいち早くキャッチした大統領の科学顧問博士は政府に相談し中国で脱出用の船(宇宙船??)を製造してもらう。各国の政府関係者及び船製造の為に多額の費用を投じた投資家たちだけが搭乗チケットを買うことができる。公にしてしまうと国民が混乱するので極秘で準備をしていく。その情報をキャッチした作家は家族を連れ船に乗り込む作戦を決行していく・・・そんな話。

 大統領・チベットの「ダライ・ダマ」は船の存在をしらない人たちと一緒に残ります。そういう正義感を見たかったwwでも映画を通じてコレがある意味現実かもな~って感じてしまった。政治家なんて結局国民の支持があって政治家になれるのに、こういう状態になったら自分を支持してくれた国民なんて無視!!心の綺麗な正義感溢れる政治家なんてこの世の中には存在しないし、そういう人こそ政治家になんかならないんだろうな~

 

 監督は地球の滅亡説なんかよりもきっと・・・このことを伝えたかったのかもしれないww