血の日曜日を再現!!映画「グロ-リ-/明日への行進」

マーティン・ルーサー・キング・ジュニア・・歴史上の偉大な人物の1人で誰しも教科書上でお目にかかったことはあると思います。

 I have a dream!の演説は印象が強いです。キング牧師の名で知られ、アフリカ系アメリカ人公民権運動の指導者として有名な人物です。

 アフリカ系アメリカ人でも平等に選挙権を得ようと行進を行っている中での惨劇「血の日曜日」のお話です。

f:id:qwert2828:20180413092319j:plain

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
1965年に起きた『血の日曜日』と呼ばれる事件をはじめ、マーティン・ルーサー・キングJr.牧師らによる黒人への公民権投票権を求める動きを追ったドラマ。
*上映時間::::128分

*日本公開日 ・・・ 2015年6月19日

*監督    ・・・ エイヴァ・デュヴァーネイ

キャスト

マーティン・ルーサー・キング・ジュニア ・・・ デヴィッド・オイェロウォ

アフリカ系アメリカ人公民権運動の指導者

リンドン・ジョンソン・・・ トム・ウィルキンソン

第36代アメリカ合衆国大統領

・コレッタ・スコット・キング ・・・ カルメン・イジョゴ

キング牧師の妻

 

 *:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
こちらで期間限定配信中☆

【dTV】映画・ドラマ・アニメ・音楽が月額500円(税抜)で見放題!31日間無料

※本作品の配信情報は2018年4月13日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

※ドコモユ-ザ-以外でも契約が可能なんです☆ 月額540円で12万作の映画やドラマが見放題ってすごくうれしいですよね♪
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
<あらすじ>

1965年3月7日、前年にノーベル平和賞を受賞したマーティン・ルーサー・キングJr.牧師の指導のもと、差別により黒人の有権者登録が妨害されていることに抗議する600名ものデモ隊がアラバマ州セルマを出発。しかしこれを白人知事を筆頭に警官隊が暴力を振るい鎮圧。彼らが進んだ距離はわずか6ブロックだった。この事件のショッキングな模様は『血の日曜日』として全米で報じられ、公民権運動への賛同者を集めていく。抗議デモには日に日に参加者が増え、ついに2万5000人にまで到達。やがて彼らの声は大統領や世界を動かし、歴史を変えていく。

:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.

反響が大きい素晴らしい映画として話題になりました。

 今回映画は、自分の未熟さについて思い知らされた映画かも映画かもしれません。作中抑えきれない怒りを感じながらも映画の世界に入りました。とにかく黒人差別の酷さには毎回怒りを感じていました。同じように白人に人間のように扱ってもらえない怒りを真っ向から戦おう!という人もいました。(暴力で戦うという事です)私も納得しながら見ていましたが・・・キング牧師は非暴力主義を守り抜いた結果犠牲になった方も多くいました。 しかしテレビで報道されると多くの白人が一緒になって戦ってくれたのです。これが暴力にて抗議したらどうなっていたか?きっと黒人差別がもっともっと悪化していたかもしれません。

 彼が彼の信念を強く持ち、一緒に戦ってくれた多くの人間たちに囲まれた結果現在のアメリカがあるのではないでしょうか?

 未だなお「白人至上主義」なんぞの団体があるようですが、他人種よりも優越的であるとの主張の基で行動しているようですが、何がすごいのか?白人は他の人種に比べ優れた遺伝子で出来ているのか?それにより過去にも事件がありましたが、他人種を殺さないといけない結果につながる理由が全く理解できません。

 平和の世界を築くために、後世に残していくべき映画だと思います。