その日から世界のすべてが敵になる!!映画「コンテンダ-」

 2010年に実際に起こったメキシコ湾原油流出事故を題材に作った映画とのことです。映画の中はこの事故に真っ向から戦う無名な政治家が現地の人を守るために奮闘するのだが、プライベ-トのだらしなさからマスコミの標的にされるのですね!!

f:id:qwert2828:20180502151010j:plain

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
セックス・スキャンダルで失脚した政治家を待ち受ける更なる陰謀を描く
 *上映時間::::90分
*日本公開日 ・・・ 2015年11月28日
*監督    ・・・ オースティン・スターク
キャスト
・コリン・プライス ・・・ ニコラス・ケイジ
原油流出事故によって苦しむ現地の人たちの為に戦う政治家。
・ケイト・ハーバー・・・ サラ・ポールソン
 コリンの秘書。夫とは別居中。子供もいる。
・レイン・プライス・・・ ピーター・フォンダ
 元市長でコリンの父親。
・デボラ・プライス ・・・ コニー・ニールセン
 コリンの妻。弁護士。
・フランク・レジェンド ・・・ ウェンデル・ピアース
 コリンの友人でもあり秘書も勤める
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
こちらで期間限定配信中☆

【dTV】映画・ドラマ・アニメ・音楽が月額500円(税抜)で見放題!31日間無料

※本作品の配信情報は2018年5月2日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。
※ドコモユ-ザ-以外でも契約が可能なんです☆ 月額540円で12万作の映画やドラマが見放題ってすごくうれしいですよね♪ 
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
<あらすじ>

2010年に起こったメキシコ湾原油流出事故で苦しむ市民のため、早期解決に努めていた政治家コリン・プライスは、次の選挙を視野に入れて活動していた。しかし、そのなかで起きたセックス・スキャンダルによって、キャリアも妻も失ってしまう。元市長の父親の力でもどうにもならず、極限まで追い込まれるが、再起をかけ上院議員選をめざして動き出す。しかしその先には、彼の周りで利益を得ようとする人々の更なる陰謀が待ち受けていた。

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

※ネタバレ含む感想になりますので、ご注意いただきお進みください♪♪

この映画は正直低評価でした!!主役はニコラス・ケイジなので演技上のお話ではなくあくまでも作品(物語の内容)ですね!!

残念ながら私も同意見でした!まず、コリンは自分のキャリアというよりも出身地の住民の為に必死で頑張ってくれる珍しい政治家!国民・メディア共に評価も高く無名な政治家の名前がメディアを通じて有名になっていきます。信念を貫き頑張ってきたことがいい効果になってきたのですが・・有名になると当然悪いことも暴かれていきます。(これはどこの国でも一緒ですね☆)コリンは原油流出事故により仕事が出来なくなった漁師達を助けるために協力している最中、その漁師の妻を不倫していたんですね~wwこれが世間にバレ彼は職を失います。妻とも別居しNPO法人として現地の人たちを助ける仕事を始めながらも再び政治家になることを目指して頑張ります。仕事はいいんですが~この人の女癖の悪さww結局女性問題で職を失ったのにも関わらず、今度は秘書である女性を口説き、恋仲になりますが・・・この女性もコリンお互い離婚はしていない!!ケイトは罪悪感を感じ、コリンは罪悪感よりも本能のまま進もうとします。結局ケイトは別居中の夫と寄りを戻しコリンは振られるんですが・・・振られて当然ですよね~。

 結局この人トントン拍子にうまくいくんですがwwそれもこれも彼の力ではなく裏で動いていた人達がいたからなんですね~wwそれもいい意味でなのか?悪い意味でなのか??これは最後まで見てみないとわかりませんww

 

 最後までみた私の感想は一言「は??」でした!!