9.11同時多発テロが再び!!映画「ユナイテッド93」

9.11アメリ同時多発テロ関連の映画はいくつか拝見しております。

詳しくはこちら→

9.11アメリカ同時多発テロについて映画を通じて考えさせられる - qwert2828のブログ

どれもこれも悲惨な現状を映し出すものばかり。多くの被害者を出し首謀者暗殺したからといって決して解決したわけではないと思います。

今回ご紹介する映画は同時多発テロの際にハイジャックされた飛行機4機のうち目的を達成できなかた「ユナイテッド航空93便」の機内の様子と地上の航空関係者たちのやりとりと再現した実話です。

f:id:qwert2828:20180705162100j:plain

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.

2001年9月11日、ユナイテッド93便がペンシルベニア州に悲運の墜落を遂げるまでをドキュメンタリー・タッチで描く人間ドラマ。
*上映時間::::  111分

*日本公開日 ・・・ 2006年8月12日
*監督    ・・・ ポール・グリーングラス

キャスト

・機長 ・・・ J・J・ジョンソン

ユナイテッド航空93便機長

副操縦士・・・ゲイリー・コモック

ユナイテッド航空93便副操縦士

 ・客室乗務員・・・ナンシー・マクダニル

ユナイテッド航空93便客室乗務員

・ 客室乗務員・・・トリッシュゲイツ

ユナイテッド航空93便客室乗務員

・客室乗務員・・・スターラ・ペンフォード

ユナイテッド航空93便客室乗務員

・客室乗務員・・・オパル・アラディン

ユナイテッド航空93便客室乗務員

・客室乗務員・・・ポリー・アダムス

ユナイテッド航空93便客室乗務員

・ ズィアド・ジャッラーフ・・・ ハリド・アブダラ

ユナイテッド航空93便をハイジャックしたテロリスト

・アフマド・アル=ハズナーウィー ・・・オマー・バーデゥニ

ユナイテッド航空93便をハイジャックしたテロリスト

・サイード・アル=ガムディー・・・ ルイス・アルサマリ

ユナイテッド航空93便をハイジャックしたテロリスト

・アフマド・アル=ナーミー・・・ ジェイミー・ハーディング

ユナイテッド航空93便をハイジャックしたテロリスト*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.
☆こちらで期間限定配信中☆

※本作品の配信情報は2018年7月6日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。
※ドコモユ-ザ-以外でも契約が可能なんです☆ 月額540円で12万作の映画やドラマが見放題ってすごくうれしいですよね♪

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.

<あらすじ>

2001年9月11日。ニューアーク空港発サンフランシスコ行き“ユナイテッド航空93便”は、40名の乗員乗客を乗せ、予定時刻を30分ほど遅れて出発する。しばらくして、ハイジャックされたアメリカン11便がワールド・トレード・センターに激突。穏やかなフライトを続けていたユナイテッド93便も突然、爆弾を持ったテロリストたちに操縦室を占拠される。アメリカン11便の悲劇を知った乗員乗客たちは、自分たちもどこかのターゲットに向かっていることを確信。絶望の中、わずかな武器でテロリストに立ち向かおうとする。

:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

この映画はポール・グリーングラス監督が、亡くなった40名の家族・友人や、航空管制官、軍関係者への膨大なインタビューに基づいて製作されたものです。

 機内から身の危険を感じ乗客たちが携帯電話を使い家に別れの挨拶をする人や最後までテロリストたちと戦おうとする乗客の方たちの姿が描かれています。

 かなり胸が苦しくなるシーンがありますが、残酷なテロリストたちやまき沿いにされた罪の無い被害者の方々をこれ以上増やさないためにもこの映画は永遠に胸に刻むべきものだと感じます。