恐ろしいカルト施設よりの命がけの脱出!!!映画「コロニア」

コロニア・ディグニダ・・・現在はビジャ・バビエラと名前を変えて存在している施設。この映画を知るまでここで行われていた恐ろしい事件を知らなかった。監督のフローリアン・ガレンベルガーは、学生時代「コロニア・ディグニダ」のことを学び、そこで起きていたことに怒りを覚えたことが映画化になるきっかけになったということです。

f:id:qwert2828:20180814165022p:plain

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.

キャビンアテンダントのレナは、クーデターに巻き込まれた恋人を救出するため、ナチス残党と結びつき拷問施設となった“コロニア・ディグニダ”に潜入する
*上映時間:::: 110分
*日本公開日 ・・・ 2016年9月17日
*監督    ・・・ フロリアンガレンベルガー

キャスト
・レナ ・・・ エマ・ワトソン
ドイツのキャビンアテンダント。仕事で恋人がいるチリにきた。
・ダニエル ・・・ ダニエル・ブリュール
レナの恋人でジャーナリスト。チリのクーデターに巻き込まれ拷問されコロニア・ディグニダに収容されてしまう。
パウルシェーファー ・・・ ミカエル・ニクヴィスト
コロニア・ディグニダの教皇と呼ばれる人物。
・ギゼラ ・・・ リチェンダ・ケアリー
コロニア・ディグニダの女性リーダー
・ウルセル ・・・ ヴィッキー・クリープス
コロニア・ディグニダで生活する女性。ギゼラの娘。
・ドロ ・・・ ジャンヌ・ヴェルナー
コロニア・ディグニダで生活する女性。同じコロニアで生活する男性と結婚する予定。

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.

 ☆こちらで期間限定配信中☆

※本作品の配信情報は2018年8月14日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。
※ドコモユ-ザ-以外でも契約が可能なんです☆ 月額540円で12万作の映画やドラマが見放題ってすごくうれしいですよね♪

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.

<あらすじ>

1973年9月11日。ドイツのキャビンアテンダント・レナは、フライトでチリを訪れ、ジャーナリストの恋人ダニエルと束の間の逢瀬を楽しんでいた。だが突如チリ軍部によるクーデターが発生。ダニエルは反体制勢力として連行されてしまう。レナは、彼が慈善団体施設“コロニア・ディグニダ”に送られたことをつきとめるが、そこは“教皇”と呼ばれる元ナチス党員パウルシェーファー独裁政権と結びつき、神の名の下に暴力で住人を支配する脱出不可能な場所だった。異国の地で誰の助けも得ることができないレナはダニエルを助け出すため、ひとりコロニアに潜入することを決意することになる。

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:

コレが現実に起こっていた事とは!!非常に恐ろしいお話です。

 国外脱出をしないとどこまでも追ってくる教皇!!この教皇は女性を物のように扱い罵倒しまくる人物!!それもそのはず、彼は後に少年たちへの性的虐待で訴えられています。

 現在はビジャ・バビエラと名前を変え、指導者ももちろん変わっておりますが~存在していると言う事です。もちろんこんな悲惨な場所ではないようですが~。

 「信じるものは救われる」のではなく「信じるものはバカをみる!!」悲しいかなコレが正しい選択なのかもしれませんね~