戦争で家族を殺された男の復讐劇!!映画「手紙は憶えている」

 実話ではありません。一人の認知症の男性が体の不自由な友人の代わりに家族を殺した元ナチス兵士を探して復讐をするお話です。

f:id:qwert2828:20181128152742j:plain

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

70年前、ナチスに家族を殺された年老いた男の復讐の旅を映し出すサスペンス。

※本作品は「PG12」指定作品です。保護者の配慮が必要です。

*上映時間::::  95分

*日本公開日 ・・・ 2016年10月28日

*監督    ・・・アトム・エゴヤン

<キャスト>

・ゼヴ・グットマン ・・・クリストファー・プラマー

ニューヨークの介護施設に入所している90歳の老人。妻ルースが亡くなった事を忘れてしまうほど認知症が進んでいる。同じ施設に入所中のマックスは戦友だったそうで、ルースが亡くなったら元ナチス兵士に復讐をすると誓っていた。

・ルディ・コランダー(1)・・・ブルーノ・ガンツ

アウシュヴィッツ収容所にいたナチス兵士かと思われる人物。その後名前を変えアメリカで生活している。

・ルディ・コランダー(4)・・・ユルゲン・プロホノフ

アウシュヴィッツ収容所にいたナチス兵士かと思われる人物。その後名前を変えアメリカで生活している。

・ルディ・コランダー(2)・・・ハインツ・リーフェン・チャールズ

アウシュヴィッツ収容所にいたナチス兵士かと思われる人物。その後名前を変えアメリカで生活している。

・チャールズ・グットマン・・・ヘンリー・ツェニー

ゼヴの息子。父が施設から姿を消したことで様々な機関を通じて探している。

・ジョン・コランダー ・・・ディーン・ノリス

ゼヴが探しているルディ・コランダー(3)の息子。ゼヴが訪問したときには既に他界していた。

・マックス・ザッカー・・・マーティン・ランドー

ゼヴと同じ施設にいる車椅子生活をしている老人。ゼヴに手紙で指示を出しルディ・コランダーへの復讐を企てている。

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆こちらで期間限定配信中☆

※本作品の配信情報は2018年11月28日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

※ドコモユ-ザ-以外でも契約が可能なんです☆ 月額540円で12万作の映画やドラマが見放題ってすごくうれしいですよね♪ *:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:

<あらすじ>

最愛の妻ルースが死んだことさえ覚えていない程、物忘れが進行している90歳のゼヴ。ある日、彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか。ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい--」二人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチス兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、“ルディ・コランダー”という名で現在も生きているという。容疑者は4名。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴは単身で復讐を決意。託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった。

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:

 クリストファー・プラマーの哀れみを感じてしまう演技には負けました!!騙されました!!

この映画は大きく感想が分かれる映画ではないでしょうか?4人のルディ・コランダーを探しその中の一人を殺すのが今回の目的!!

 人によってはまだナチス崇拝者のばか者が存在していたりと様々な仕掛けが出てきますが~映画なので本人とのご対面は終盤までのお預けになってしまいます!!

 今回の映画の見所は、認知症が進んでいる老人がマックスの手紙と様々な人に助けられながらもミッションをこなしていくというところでしょうか??

 

今回ご紹介した映画は実話ではありませんが~長年戦争の苦しみから耐えられず復讐を企てている人は多かったかもしれませんね~。

★関連映画はこちら★

naturalperson.hatenablog.jp

naturalperson.hatenablog.jp

※ネタバレは記載しません。あくまでも個人の小さな感想のみです。

映画は一人ひとりの受け取り方が違います。その中で少しでも気持ちが伝われたら・・・・という思いです。興味が少しでもあったら、是非見てみてください!!きっとアナタの感想は私とは違うかもしれませんよ~