記憶を失った暗殺者!!人気シリーズ映画「ボーン・プレマシー」

ジェイソン・ボーンシリーズの映画をご紹介!!本日は続編の第2作目!!

f:id:qwert2828:20181215093320j:plain

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

2002年に公開され大ヒットした本格スパイ・アクション「ボーン・アイデンティティー」の続篇が登場。

*上映時間 ::::  108分

*日本公開日 ・・・  2005年2月11日

*監督    ・・・ ポール・グリーングラス

 

キャスト

ジェイソン・ボーン・・・マット・デイモン 

記憶を無くしたままのCIAのトップエージェントだった男。マリーとは恋人同士になりインドで幸せに生活していた。

・マリー・クルーツ ・・・フランカ・ポテンテ 

ジェイソン・ボーンを支えながら一緒にインドで生活している恋人。

・パメラ・ランディ ・・・ジョアン・アレン

CIA内部調査局の女性捜査員。

・キリル ・・・カール・アーバン

依頼主からの指示で活動している謎の暗殺者。ジェイソンの命を狙っている。

・アレクサンダー・コンクリン ・・・クリス・クーパー

CIA上官。ジェイソン・ボーンを暗殺指示をだしていたが、前作にてワード・アボットの計画で射殺されている。

・ワード・アボット ・・・ブライアン・コックス

コンクリンと手を組む議員。ドレッドストーン計画に関わっている。

ニコレットパーソンズ(ニッキー) ・・・ジュリア・スタイルズ 

コンクリンの元部下でドレッドストーン計画を知っている女性。

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆こちらで期間限定配信中☆

※本作品の配信情報は2018年12月16日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

※ドコモユ-ザ-以外でも契約が可能なんです☆ 月額540円で12万作の映画やドラマが見放題ってすごくうれしいですよね♪ *:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:

<あらすじ> 

記憶を喪失したCIAのトップエージェント、ジェイソン・ボーンは過去を捨て、恋人マリーとともに新たな人生を踏み出した。だが、2年たっても記憶が完全には戻らないボーンを、過去が闘いの場に引き戻す。ベルリンで起きたCIAを震撼させる事件。同時期にCIA内部で不正を働いた者のリストの売り込みがあり、情報屋との取引現場を何者かが襲撃。エージェントと情報屋は殺され、犯人の唯一の手掛かりはひとつの指紋。それはジェイソン・ボーンのものだった。そのころ、インドのゴアでひっそりと暮らしていたボーンは殺し屋に襲われ、マリーが犠牲になってしまう。からくも窮地を脱したボーンは、CIAの仕業と考え、復讐に立ち上がるのだった

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:

 この辺あたりから少しずつ盛り上がっていきますね~♪♪

今回の見所は、何気ないシーンが次作に繋がっているというところでしょうか?なので完全に目が離せないお話になっていきます。

 冒頭から恋人マリーが殺され復讐心に燃えるジェイソンに対し新たな刺客が!!そしてドレッドストーン計画の黒幕が直接動き出すのでドンドン盛り上げってます。

 ここまでくると次作も非常に楽しみになる・・・そんなエンディング♪♪