人を許すことで変われる!!映画「インビクタス 負けざる者たち」

「自由であるというのは、単に己の鎖をぬぎすてるだけではなく、他人の自由を尊重し、向上させるような生き方をすることである。」

-元南アフリカ大統領:ネルソン・マンデラの名言よりー

本日ご紹介する映画はこの名言をした元南アフリカで初の黒人大統領に就任したネルソン・マンデラと当時南アフリカでは人気のなかったスポーツ!!ラグビー南アフリカチームのお話です。

f:id:qwert2828:20190114153742j:plain

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

ジョン・カーリンの原作を基に「サウンド・オブ・サイレンス」のアンソニー・ペッカムが脚本を書き、「グラン・トリノ」のクリント・イーストウッドが監督したドラマ

*上映時間:::: 132分

*公開日 ・・・ 2010年2月5日

*監督    ・・・クリント・イーストウッド

キャスト

ネルソン・マンデラ ・・・ モーガン・フリーマン

1994年に南アフリカにて初の黒人大統領に就任した人物

・フランソワ・ピナール ・・・  マット・デイモン

南アフリカラグビーチームの主任。

・ネリーン ・・・ マルグリット・ウィートリー

フランソワの妻。

・Mr.ピナール ・・・ パトリック・リスター

フランソワの父。

・Mrs.ピナール ・・・ ペニー・ダウニー

フランソワの母

・ジョエル・ストランスキ・・・スコット・イーストウッド

南アフリカラグビーチーム「スプリングボクス」の選手。

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆こちらで期間限定配信中☆

※本作品の配信情報は2019年1月14日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

※ドコモユ-ザ-以外でも契約が可能なんです☆ 月額540円で12万作の映画やドラマが見放題ってすごくうれしいですよね♪ *:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:

<あらすじ> 

アパルトヘイト運動により反逆罪として逮捕され27年を監獄で過ごしたネルソン・マンデラは、釈放後の1994年、遂に南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。だが彼は、国民の間に人種差別と経済格差がいまだに残されていることを痛感する。そんな中、スポーツという世界共通言語で国民の意識を変えることができると信じるマンデラは、弱小だった南アフリカ代表ラグビーチームの再建を決意。翌年に自国で開催するラグビー・ワールドカップに向け、マンデラチームキャプテンのフランソワ・ピナールは、互いに協力していくことを誓う。

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:

ネルソン・マンデラは生前自身の自伝映画が公開されたら「モーガン・フリーマン」に演じてほしい!!と言ったらしいですね♪その願いも叶い、今回ネルソン・マンデラモーガン・フリーマンが演じておられます彼の知的な演技力でネルソン・マンデラのすばらしさを改めて世間に伝えることができたのではないでしょうか?

これを知ってから映画を見ると一味もふた味もかわります!!約30年にもわたり刑務所で生活してきたネルソン・マンデラは釈放後再びアパルトヘイトの為闘います。長年白人に嫌がらせをされてきた黒人たちはマンデラが大統領になったことで自由への道がひらけ大喜びしますが、過去が許せず裕福な白人たちのスポーツ「ラグビー」を毛嫌いします。当然そんな中での試合なので南アフリカラグビーチームは世界でも相手にされないくらいに弱い!!

 そこに注目したのがネルソン・マンデラ!!彼はこのスポーツを通じて白人・黒人の隔たりを無くそうと考えます。ネルソンを取り巻く黒人たちもいい気持ちはしませんが、ネルソンの「世界を変えるには、相手を許すことも必要だ!!過去は過去だよ」という言葉で少しづつではありますが歩み寄っていくのです。 

ネルソン・マンデラの自伝映画「マンデラ 自由への長い道」で彼のすばらしさを理解していただけると思いますが・・・キング牧師にせよ当時の黒人差別に闘い続けた偉人はすばらしい!!彼らがいたからこそ今の世界があるのだろう!!これは決して過言ではない!!

naturalperson.hatenablog.jp