PTSDに苦しむドローン操縦士!!映画「ドローン・オブ・ウォー」

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは、戦争帰還兵の研究より生まれた診断で、戦争等、命の安全が脅かされるような出来事によって強い精神的衝撃を受けることが原因で、著しい苦痛や、生活機能の障害をもたらしているストレス障害のことを言う。

 

前回は、イラク戦争に狙撃手として数回派遣された男性が回を増すごとに少しづつ心が蝕まれていく姿を描いた実話に基づくお話をご紹介しました。

naturalperson.hatenablog.jp

 本日ご紹介する映画もPTSDに蝕まれていく男性のお話です。こちらは帰還兵ではなく現地に出向かず、ドローンを操作しテロリストたちを爆破していく戦闘機パイロットのお話です。

f:id:qwert2828:20190311134640j:plain

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:

遠隔操作でアメリカから遠い異国の空爆を行う現代戦争の実態と、PTSDに苦しむドローン操縦士の日常を描く戦争ドラマ。

※本作品は「R15+」指定作品です。この番組には一部刺激の強い内容が含まれております。
*上映時間   ::: 102分
*日本公開日  ・・・ 2015年10月1日
*監督     ・・・ アンドリュー・ニコル

キャスト

・トーマス・イーガン少佐(トミー) ・・・ イーサン・ホーク

戦闘機に乗ること(現場復帰)を希望しているドローン戦闘機パイロット。

モリー・イーガン ・・・ ジャニュアリー・ジョーンズ

トミーの妻。日に日に精神的に安定しないトミーとの間に溝が生まれている。

・ヴェラ・スアレス上等空兵 ・・・ ゾーイ・クラヴィッツ

アメリカ軍空兵。トミーのグループの一員。CIAからの依頼の任務を遂行しているうちに仕事に疑問を持ち始める。

・ジャック・ジョンズ中佐 ・・・ ブルース・グリーンウッド

アメリカ空軍中佐。トミーの上司。

エド・クリスティ大尉 ・・・ ディラン・ケニン

トミーのグループで一緒に操作をしている大尉。与えられた任務は一切の疑問も持たずに淡々と遂行する。

・ラングレー ・・・  ピーター・コヨーテ

ジョンズ中佐率いるチームに指示だしを行うCIA職員。電話越しの声のみ出演。

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:

*こちらで期間限定配信中*

※本作品の配信情報は2019年3月11日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

※ドコモユ-ザ-以外でも契約が可能なんです☆ 月額540円で12万作の映画やドラマが見放題ってすごくうれしいですよね♪

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:

<あらすじ>

アメリカ空軍のトミー・イーガン少佐は、ラスベガスの基地に設置されたコンテナ内で無人機ドローンを遠隔操作し、1万キロ余りも離れた異国でのミッションを遂行している。クリックひとつでミサイルを発射する爆撃は、まるでゲームのように現実感が欠落していた。トミーは一日の任務を終えると、車でラスベガスの歓楽街を通り抜けて、整然と区画された住宅街のマイホームへ帰る。そこには、美しい妻モリーとふたりの幼い子供との生活がある。これが彼の日常であり、異常な現代の戦争の姿だった。
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:

 実話ではありませんがこのような現実は恐らく存在しているのかもしれない内容でした。

 9.11同時多発テロ以来アメリカはテロ撲滅の為にテロ行為を行う可能性の高いタリバン兵の重要人物を次々に爆破していきます。個人攻撃ではなく、妻子が待つ家に帰ってきたところを狙い家族ごと吹っ飛ばしています!!!戦闘員であろうと非戦闘員であろうとかまわず爆破!そんな状況を毎日目の当たりにしていれば心が蝕まれていくのもうなづけます。

 イーサン・ホークの寡黙な主人公にすごく惹きこまれる映画ですね☆