ナチス最高幹部の暗殺!映画「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺計画」

第二次世界大戦映画をご紹介しております。

 第二次世界大戦・・・!1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアを中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦アメリカ、中華民国などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争の事・・・

 前回ご紹介した映画もアメリカvs日本のお話で、監督は俳優のメル・ギブソン!!

良心的兵役拒否者として自ら志願して軍の兵士になった1人の実在の人物の物語でした。

naturalperson.hatenablog.jp

本日ご紹介する映画は第二次世界大戦を描いた映画の中でも最も多い「ナチス」関係のお話になります。

ナチスの最高幹部の1人とも言われ、その冷酷さから「金髪の野獣」とまで言われたラインハルト・ハイドリヒの暗殺実行部隊の実話に基づくお話になります。

f:id:qwert2828:20190308095103j:plain

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:

ナチス・ナンバー3と言われたハイドリヒ暗殺の史実を基に映画化。

※本作品は「PG12」指定作品です。保護者の配慮が必要です。
*上映時間   ::: 139分
*日本公開日  ・・・ 2017年6月24日
*監督     ・・・ショーン・エリス

キャスト

・ヨゼフ・ガブチーク ・・・ キリアン・マーフィ

ラインハルト・ハイドリヒの暗殺計画(エンスラポイド作戦)として政府から派遣されたスロバキア人兵士。ハイドリヒ滞在中のチェコに潜伏する。

・ヤン・クビシュ ・・・ ジェイミー・ドーナン

ラインハルト・ハイドリヒの暗殺計画(エンスラポイド作戦)として政府から派遣されたチェコ人兵士。ハイドリヒ滞在中のチェコに潜伏する。

・レンカ・ファフコヴァー ・・・ アンナ・ガイスレロヴァー

ナチス抵抗組織(レジスタンス)の1人の女性でマリーの友人。

・マリー・コヴァルニコヴァー ・・・ シャルロット・ルボン

ヨゼフとクビシュが潜伏することになった一家で家政婦として雇われている女性。クビシュと恋仲になる。

・ヤン・ゼレンカ=ハイスキー ・・・ トビー・ジョーンズ

ヨゼフたちが合流したレジスタントの1人でヨゼフとクビシュに下宿先を提供や世話焼き、ハイドリヒの情報提供を行う人物。

・マリー・モラヴェツ ・・・ アレナ・ミフロヴァー

ヨゼフたちが潜伏している下宿先の夫人。

・アタ・モラヴェツ ・・・ ビル・ミルナー

ヨゼフたちの下宿先に住む少年。マリーの息子。バイオリンが趣味。

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:

 *見たい映画がここにある*

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:

<あらすじ>
第二次世界大戦下の1942年。ナチスがヨーロッパ全土に占領地域を拡大していく中、イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府は、ユダヤ人大量虐殺の実権を握るナチス第三の実力者ラインハルト・ハイドリヒの暗殺計画を立案する。こうして、ヨゼフやヤンを中心とした兵士7名による暗殺部隊がチェコ領内へ送り込まれる。暗殺部隊は、プラハの反ナチス組織や家族と接触、着々と計画を進めてゆく。
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:***:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:

 2時間の時間の中で語られるのは・・・前半はハイドリヒ暗殺実行までの道のりが語られ、実行に・・・。作戦は失敗に終わりますが、後半では激怒したナチス軍が犯人とその関係者(家族・接触者も含む)を一斉に排除していく姿が描かれていきます。どちらかといえばこの後半が映画で一番のメインではないでしょうか?

 刻一刻とナチス軍が近づいてくるにつれ、己だけではなく愛する人たちまで苦しめられているのではと不安になりながらも精神的にも肉体的にも苦しめられていく兵士たち。

 正直物語は、淡々と進んでいきます。盛り上がりも盛り下がりもない感じ・・・史実により近づけるために演出したためかと思いますが~

 しかし、レジスタンスのメンバーもはじめは言っていましたが、なぜ幹部だけを暗殺したのか?確実に主(ヒトラー)を暗殺しないとこの結果は確実に見えていたはず・・・政府の指示だからといって先のことを考えない、その場しのぎの計画・実行にかなり残念な気持ちで拝見しましたね~。

 追い詰められた彼らのその後は是非続きをご鑑賞いただければと思います♪♪

ヒトラー暗殺計画関連映画>

naturalperson.hatenablog.jp

naturalperson.hatenablog.jp

ナチス軍に復讐する姿を描いた映画(ノンフィクション)>

naturalperson.hatenablog.jp